Language

見積・サンプル依頼 / お問い合わせ

ラクテット ルーメンバイパスメチオニン製剤

ラクテット (ルーメンバイパスメチオニン製剤)

乳牛に不足しがちなメチオニンをバイパス加工した飼料添加材です。
牛の第一胃(ルーメン)を通過するようバイパス加工を施し、尚且つ小腸での高い吸収性を持った優れた製品です。
2017年にリニューアルし、バイパス性能が上がりました。
メチオニンの血液移行性が上がっています!(自社比較)

  • ラクテットSURF
  • 製品給与後の血中メチオニン濃度
  • ラクテットSURF
  • ラクテットNew AE
  • ラクテットNA
  • New ブリード
  • プロビットAD3E
  • ラクテットSURF
特長 給与量 成分100g中 荷姿
  • 高いメチオニン含有量
  • 少ない給与量で経済的
  • ルーメン微生物からメチオニンを守る高いバイパス能を有す。
  • 15~25g/日/頭
  • DL-メチオニン 65g
  • 20kg(20g給与で1,000頭分)

横にスクロールさせると続きが見れます

  • ラクテットNew AE
特長 給与量 成分100g中 荷姿
  • メチオニンとバイパスビタミンの混合剤
  • ビタミンA, D3, Eもバイパス加工されています。
  • 大豆粕が入って嗜好性を改善
  • 35~60g/日/頭
  • DL-メチオニン 30g
  • ビタミンA 20万IU
  • ビタミンD3 1万IU
  • ビタミンE 100mg
  • 20kg(50g給与で400頭分)

横にスクロールさせると続きが見れます

  • ラクテットNA
特長 給与量 成分100g中 荷姿
  • メチオニンとバイパスナイアシンの混合剤
  • ナイアシンもバイパス加工しています。
  • 脂肪肝対策として分娩前の過肥牛へ給与を推奨
  • 35g/日/頭
  • DL-メチオニン 28.6g
  • ナイアシン 8.6g
  • 硝酸チアミン 86mg
  • 10kg(35g給与で285頭分)

横にスクロールさせると続きが見れます

  • New ブリード
特長 給与量 成分100g中 荷姿
  • ビタミンA, D3, Eの強化版
  • ラクテットNew AEに比べてビタミン量が5倍
  • 繁殖和牛にオススメ
  • 100g/日/頭
  • DL-メチオニン 27g
  • ビタミンA 100万IU
  • ビタミンD3 5万IU
  • ビタミンE 500mg
  • 8kg(1kg袋×8袋)

横にスクロールさせると続きが見れます

  • プロビットAD3E
特長 給与量 成分100g中 荷姿
  • バイパスビタミンA, D3, Eの最強化版
  • 10~30g/10日/頭 
  • ビタミンA 500万IU
  • ビタミンD3 25万IU
  • ビタミンE 2,500mg
  • DL-メチオニン 9g
  • 5kg(500g袋×10袋)

横にスクロールさせると続きが見れます

製品紹介

乳タンパク質合成量アップを目指して。

魚粉などが食べられない牛は、植物またはルーメン微生物からタンパク質を得るしかありません。
植物性タンパク質はメチオニンの含有割合が少ない傾向にあるため、植物が主食の牛は必然的にメチオニンが不足しがちになります。
特に乳牛は、乳タンパク質を合成しなければならず、高泌乳牛であればさらに合成量が必要です。
メチオニンは体内で乳タンパク質だけに利用されるわけではないので、メチオニンを給与することは、体内のタンパク質合成量が上がり、牛の負担を軽減し、繁殖成績改善や代謝病への備えとして期待されます。

脂肪肝対策に。

周産期は、胎児へのエネルギー供給のため、リポタンパク質(胎児へのエネルギー源)の合成が肝臓で盛んに行われる時期です。
しかし体脂肪の動因が激しい時期でもあるため、脂肪肝やそれに伴う周産期疾病に悩まされる時期です。
メチオニンはリポタンパク質合成に利用され、肝臓に溜まった脂肪の排出を促進します。
そこで乾乳期はメチオニンで肝臓リフレッシュを狙いましょう!

ページトップへ戻る